UPDATE:2016.09.05
あなたは

番目のお客様です。
(since 2004.4.26)

小惑星「イナガワ」情報


イベント情報


星空とティーブレイク

ニックネーム・そっくり天体

星にまつわる英語


星空観測情報


天文情報

ギャラリー


みんなのページ


しつもん箱


望遠鏡の仕様

施設案内


【開館日】
毎週木・金・土・日曜日および祝日
【開館時間】
午後1時30分から9時30分
【使用料金】
高校生以上200円
中学生以下無料

問い合わせは、
産業観光課
(рO72−766−8709)
または、
猪名川天文台
(рO72−769−0770)

















【猪名川天文台からのお知らせ】



★猪名川天文台の最新のプラネタリウムについてはこちら(ページ1)(ページ2)をご覧ください。
 また、コニカミノルタのホームページでも猪名川天文台が紹介されています。

「今月の星空とティーブレイク」を更新しました。

★今月の「ニックネーム・そっくり天体」は、北アメリカ星雲 NGC7000。

★今月の「星にまつわる英語」は『Antares』です。

★今月天文台で見ることのできる太陽系内の天体はこちらでご確認ください。




★今月の「星たちの動き」は、〜いて座付近の天の川 〜(クリックで再生)
  

 動画が表示されない場合はこちらをクリック。


★8月11日(木)に『第15回 いながわ星まつり』を実施しました。
 猪名川町の動画配信『きらっと☆いながわH28年8月制作』で第15回いながわ星まつりの様子が、
 紹介されています。


★ギャラリーにペルセウス座流星群の写真を追加しました。

★ギャラリーにカシオペア座付近に天の川いて座付近に天の川の写真を追加しました。

★火星観測情報に5月31日の最接近時の火星の写真を追加しました。

★土星観測情報に2016年の土星の環の傾きの写真を追加しました。


★猪名川天文台で隕石を常設展示しています。詳しくはこちらをご覧下さい。




  【イベント情報】

<これから実施するもの> 観望会の予定は変更する場合があります。
★2016年9月1日(木)・2日(金)・3日(土)・4日(日)『ドーナツ星雲(M57)と火星・土星を観よう』
★2016年9月8日(木)・9日(金)・10日(土)・11日(日)『ガーネットスターと火星を観よう』
★2016年9月15日(木)『中秋の名月を観よう』
★2016年9月16日(金)・18日(日)・19日(月)『火星と土星と海王星を観よう』
★2016年9月17日(土)『望遠鏡の使い方教室』
★2016年9月22日(木)・23日(金)・24日(土)・25日(日)『火星と土星と海王星と冥王星を観よう』
★2016年9月29日(木)・30日(金)・10月1日(土)・2日(日)『球状星団(M13)とドーナツ星雲(M57)を観よう』
★2016年10月6日(木)・7日(金)・9日(日)・10日(月)『火星と天王星と海王星を観よう』
★2016年10月8日(土)『みんなで天体写真を撮ろう!』
★2016年10月13日(木)・14日(金)・15日(土)・16日(日)『満月とフォーマルハウトとミラを観よう
★2016年10月20日(木)・21日(金)・23日(日)『青い雪だるま星雲を観よう』
★2016年10月22日(土)『オリオン座流星群を観よう』
★2016年10月27日(木)・28日(金)・29日(土)・30日(日)『アンドロメダ銀河を観よう』
★2016年11月3日(木)・4日(金)・5日(土)・6日(日)『アンドロメダ銀河を観よう』
★2016年11月10日(木)・11日(金)・12日(土)・13日(日)『二重星団を観よう』
★2016年11月17日(木)『しし座流星群を観よう』
★2016年11月18日(金)・19日(土)・20日(日)『ガーネットスターとミラを観よう』
★2016年11月23日(水)・24日(木)・25日(金)・26日(土)・27日(日)『アンドロメダ銀河とET星団を観よう』

<過去に実施したおもなイベント>
★2016年 8月11日(木)『第15回 いながわ星まつり』
★2015年12月19日(土)『国立天文台ハワイ観測所からの講演会』
★2015年11月 3日(火)『いながわまつり』
★2015年 8月22日(土)『第14回 いながわ星まつり』
★2014年11月 3日(月)『いながわまつり』
★2014年 9月27日(土)『星野写真教室』
★2014年 8月 2日(土)『第13回 いながわ星まつり』
★2013年11月30日(土)『メシエマラソン第12回』
★2013年11月 3日(日)『いながわまつり』
★2013年 9月21日(土)『星景写真教室』
★2013年 8月10日(土)『第12回 いながわ星まつり』
★2013年 5月18日(土)『春の大曲線とプレセペを観よう』
★2013年 5月17日(金)『月面にX(エックス)を探せ』
★2013年 5月 4日(土)『星景の写真教室』
★2012年11月 3日(土)『いながわまつり』
★2012年 9月22日(土)『望遠鏡使い方教室』
★2012年 7月21日(土)『第11回 いながわ星まつり』
★2012年 4月29日(日)『望遠鏡使い方教室』
★2011年12月10日(土)『皆既月食観望会』
★2011年11月 3日(木)『第44回いながわまつり』に出展
★2011年 8月 6日(土)『第10回 いながわ星まつり』
★2010年11月 3日(土)『第43回いながわまつり』に出展
★2010年 8月21日(土)『第9回 いながわ星まつり』
★2009年11月 3日(火)『第42回いながわまつり』に出展
★2009年9月14日(月)〜19日(土)『猪名川天文台パネル展を実施』
★2009年8月22日(土)『第8回いながわ星まつり』
★2008年11月 3日(月) 『第41回いながわまつり』に出展
★2008年8月9日(土) 『第7回 いながわ星まつり』&『全天撮影プロジェクト』
★2007年7月28日(土) 『第6回 猪名川星まつり』
★2006年8月5日(土) 『望遠鏡の使い方教室』
★2006年7月29日(土) 『第5回 猪名川星まつり』
★2005年8月13日(土) 『第4回 猪名川星まつり』
★2004年8月7日(土) 『第3回 猪名川星まつり』
★2004年7月24日(土) 『望遠鏡の使い方教室』
★2004年6月8日(火) 『金星の日面通過観測会(臨時開館)』
★2004年4月17日(土) 『メシエ天体観望会』
★2004年3月27日(土)・28日(日)『惑星観望会 日月火水木金土を観よう!!』
★2003年11月3日(月) 『猪名川まつり』で隕石を展示
★2003年8月3日(日) 『第2回 猪名川星まつり』



【今月の星空とティーブレイク】(第109号)

 宵の頃、8月にはさそり座付近でひときわ明るく輝いていた火星、土星、アンタレスを結ぶ小三角も9月には火星がアンタレスの東に移動するため形を変えながら西に傾き、そろそろ姿を消そうとしております。 でも、天頂付近には、夏の大三角が輝いており、天の川を充分楽しませてくれます。 東の空には、秋の代表星座、ペガススが昇ってきており、秋への星座の移り変わりが始まりつつあります。
 さて、9月といえばお月さまが1年で一番話題となる中秋の名月(旧暦の8月15日)、今年は15日で満月の2日前となります。 すすきと団子をお供えしてゆっくりとお月見を楽しまれてはいかがでしょう。
 9月の星空ですが、17日の満月には月が太陽に照らされた地球の影の外側にあたる半影部分を通過する半影月食が全国的に見られます。 大阪での半影食の始まりは、1時55分頃で、食の最大は3時54分頃、食の終りは5時54分頃となっております。 半影月食はとても淡いのでほとんど確認がむずかしいといわれております。半影前の写真と半影最大の写真を撮影し、見比べて確認して下さい。
 9月3日は太陽系惑星で最も遠い、海王星がみずがめ座で衝となり、観望好期となります。 望遠鏡で見れば青く輝く海王星、大口径の猪名川天文台でこのチャンスにご覧ください。 また、9月29日の明け方の東の空低空には水星が西方最大離角となり、今年一番の高度で観望チャンスとなります。 ぜひ夜明けに素晴らしい輝きを見せる水星を一度ご覧になってください。
(みぞかみ よしひろ)


【正三角形に並んだ、火星と土星とアンタレス】
  (撮影 2016.08.14 猪名川町松尾台)





【ニックネーム・そっくり天体】

北アメリカ星雲 NGC7000

【天体データ】
  星 座:はくちょう座
  種 類:散光星雲
  距 離:12300光年
  視直径:120×100′
  位 置:赤経20h58.8m、赤緯+44°02′


 【北アメリカ星雲 NGC7000】

 はくちょう座デネブの南西すぐそばにある大型散光星雲。 形が北アメリカの地図にそっくりなことから「北アメリカ星雲」と呼ばれている。 確かに、写真で見るとメキシコ半島までそっくりなことからニックネームに納得させられる。
(みぞかみ よしひろ)




【星にまつわる英語】(第102号)

Antares
   読み:アンターレス
   意味:アンタレス(さそり座α星)

 二学期が始まりましたね。まだまだ暑い毎日、夜空では、「Milky Way(読み:ミルキー ウェイ)=天の川」に沿って、 「Summer Triangle(読み:サマー トライアングル)=夏の大三角」が天高く輝いていますが、 今年は「Mars(読み:マーズ)=火星」「Saturn(読み:サタン)=土星」と明るい惑星が南の空に輝いていて、南西の空もまだまだ華やいでいます。
 今回の英語は、この春に地球に接近したMarsと赤い色を競い合っているライバル「Antares(読み:アンターレス)=アンタレス」です。 この赤い一等星は、さそり座α星として夏の空を代表する星の1つで、最近はMarsとSaturnがすぐ近所に並んで輝いています。 Antaresの語源は、古くギリシア時代に遡り、意味は「Rival of Mars(ライバル オブ マーズ)=火星のライバル」とか「Like Mars(ライク マーズ)=火星みたいな」と解釈されています。 はるか昔、今と同じようにMarsと並んで輝くこの赤い星を見た人が、思いついた名前なのでしょうね。
 猪名川天文台では、9月16〜19日にかけて「惑星の観望会」、9月22〜25日にかけて「惑星と準惑星の観望会」を開催します。 地球から遠ざかりつつあるMarsとさそりの心臓Antares、全天屈指の赤い星々の揃い踏みを、ぜひ猪名川の夜空からご覧下さい!
(まるちゃん)


  【さそり座に集まる アンタレスと火星と土星】


【星空観測情報】


流星群観測情報  オリオン座流星群が10月22日にピークを迎えます。

日食観測情報

天の川観測情報

彗星観測情報  カタリナ彗星(C/2013US10)の写真を追加しました。

月食観測情報

星食観測情報

水星観測情報

金星観測情報

火星観測情報  5月31日に最接近を迎えた火星が観望の好機です。

木星観測情報

土星観測情報  6月3日に衝を迎えた土星が観望の好機です。




猪名川天文台
〒666-0292 兵庫県川辺郡猪名川町柏原字尾野ヶ嶽1−1
TEL/FAX:072-769-0770
Copyright (C) 2016 Inagawa Observatory All Rights Reserved.