UPDATE:2017.1.4
あなたは

番目のお客様です。
(since 2004.4.26)

小惑星「イナガワ」情報


イベント情報


星空とティーブレイク

ニックネーム・そっくり天体

星にまつわる英語


星空観測情報


天文情報

ギャラリー


みんなのページ


しつもん箱


望遠鏡の仕様

施設案内


【開館日】
毎週木・金・土・日曜日および祝日
【開館時間】
午後1時30分から9時30分
【使用料金】
高校生以上200円
中学生以下無料

問い合わせは、
産業観光課
(рO72−766−8709)
または、
猪名川天文台
(рO72−769−0770)

















【猪名川天文台からのお知らせ】



★猪名川天文台の最新のプラネタリウムについてはこちら(ページ1)(ページ2)をご覧ください。
 また、コニカミノルタのホームページでも猪名川天文台が紹介されています。

「今月の星空とティーブレイク」を更新しました。

★今月の「ニックネーム・そっくり天体」は、エスキモー星雲 NGC2392です。

★今月の「星にまつわる英語」は『Kounotori6』です。

★今月天文台で見ることのできる太陽系内の天体はこちらでご確認ください。




★今月の「星たちの動き」は、〜 こぐま座 〜(クリックで再生)
  

 動画が表示されない場合はこちらをクリック。


★12月9日(金)・10日(土)に『あわてんぼうの★クリスマスナイト』を開催しました。

★11月3日(木)の『第49回 いながわまつり』に出展しました。
 当日上映した動画はこちらをクリックすると見ることができます。

★8月11日(木)に『第15回 いながわ星まつり』を実施しました。
 猪名川町の動画配信『きらっと☆いながわH28年8月制作』で第15回いながわ星まつりの様子が、
 紹介されています。


★ギャラリーにペルセウス座流星群の写真を追加しました。

★ギャラリーにカシオペア座付近に天の川いて座付近に天の川の写真を追加しました。

★火星観測情報に5月31日の最接近時の火星の写真を追加しました。

★土星観測情報に2016年の土星の環の傾きの写真を追加しました。


★猪名川天文台で隕石を常設展示しています。詳しくはこちらをご覧下さい。




  【イベント情報】

<これから実施するもの> 観望会の予定は変更する場合があります。
★2017年1月5日(木)『スーパーサンと月面エックスを観よう』
★2017年1月6日(金)・7日(土)・8日(日)・9日(月)『オリオン星雲を観よう』
★2017年1月12日(木)・13日(金)・14日(土)・15日(日)『金星を観よう』
★2017年1月19日(木)・20日(金)・21日(土)・22日(日)『二重星団を観よう』
★2017年1月26日(木)・27日(金)・28日(土)・29日(日)『オリオン星雲とウルトラの星を観よう』
★2017年2月2日(木)・3日(金)・4日(土)・5日(日)『月のクレータと冬の1等星を観よう』
★2017年2月9日(木)・10日(金)・11日(土)・12日(日)『満月とシリウスを観よう』
★2017年2月16日(木)・17日(金)・18日(土)・19日(日)『一番明るい金星とシリウスを観よう』
★2017年2月23日(木)・24日(金)・25日(土)・26日(日)『カノープスを観よう』
★2017年3月2日(木)・3日(金)・4日(土)『カノープスを観よう』
★2017年3月5日(日)『月面エックスを観よう』
★2017年3月9日(木)・10日(金)・11日(土)・12日(日)『満月と冬のダイヤモンドを観よう』
★2017年3月16日(木)・17日(金)・18日(土)・19日(日)『おおくま座の銀河を観よう』
★2017年3月23日(木)・24日(金)・25日(土)・26日(日)『しし座の二重星を観よう』
★2017年3月30日(木)・31日(金)・4月1日(土)・2日(日)『昼間の水星を見よう』

<過去に実施したおもなイベント>
★2016年11月 3日(木)『第49回 いながわまつり』に出展
★2016年 8月11日(木)『第15回 いながわ星まつり』
★2015年12月19日(土)『国立天文台ハワイ観測所からの講演会』
★2015年11月 3日(火)『第48回 いながわまつり』に出展
★2015年 8月22日(土)『第14回 いながわ星まつり』
★2014年11月 3日(月)『第47回 いながわまつり』に出展
★2014年 9月27日(土)『星野写真教室』
★2014年 8月 2日(土)『第13回 いながわ星まつり』
★2013年11月30日(土)『メシエマラソン第12回』
★2013年11月 3日(日)『第46回 いながわまつり』に出展
★2013年 9月21日(土)『星景写真教室』
★2013年 8月10日(土)『第12回 いながわ星まつり』
★2013年 5月18日(土)『春の大曲線とプレセペを観よう』
★2013年 5月17日(金)『月面にX(エックス)を探せ』
★2013年 5月 4日(土)『星景の写真教室』
★2012年11月 3日(土)『第45回 いながわまつり』に出展
★2012年 9月22日(土)『望遠鏡使い方教室』
★2012年 7月21日(土)『第11回 いながわ星まつり』
★2012年 4月29日(日)『望遠鏡使い方教室』
★2011年12月10日(土)『皆既月食観望会』
★2011年11月 3日(木)『第44回 いながわまつり』に出展
★2011年 8月 6日(土)『第10回 いながわ星まつり』
★2010年11月 3日(土)『第43回 いながわまつり』に出展
★2010年 8月21日(土)『第9回 いながわ星まつり』
★2009年11月 3日(火)『第42回 いながわまつり』に出展
★2009年9月14日(月)〜19日(土)『猪名川天文台パネル展を実施』
★2009年8月22日(土)『第8回いながわ星まつり』
★2008年11月 3日(月) 『第41回 いながわまつり』に出展
★2008年8月9日(土) 『第7回 いながわ星まつり』&『全天撮影プロジェクト』
★2007年7月28日(土) 『第6回 猪名川星まつり』
★2006年8月5日(土) 『望遠鏡の使い方教室』
★2006年7月29日(土) 『第5回 猪名川星まつり』
★2005年8月13日(土) 『第4回 猪名川星まつり』
★2004年8月7日(土) 『第3回 猪名川星まつり』
★2004年7月24日(土) 『望遠鏡の使い方教室』
★2004年6月8日(火) 『金星の日面通過観測会(臨時開館)』
★2004年4月17日(土) 『メシエ天体観望会』
★2004年3月27日(土)・28日(日)『惑星観望会 日月火水木金土を観よう!!』
★2003年11月3日(月) 『猪名川まつり』で隕石を展示
★2003年8月3日(日) 『第2回 猪名川星まつり』



【今月の星空とティーブレイク】(第113号)

 あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。猪名川天文台スタッフ一同、心から来台をお待ちしております。
 1月は寒さが非常に厳しく、スターウォッチングにとってはとても辛い時期になりますが、1等星がある多くの冬の星座が一段と輝きを増して出迎えてくれます。 中でも「夏の大三角」に対抗するかのように輝くこいぬ座プロキオン、オリオン座ベテルギウス、おおいぬ座シリウスを結ぶ「冬の大三角」の輝きは、澄み切った冬の星空では特に目を引きます。
 さて、1月の星空ですが、新年早々3日に「しぶんぎ座流星群」が極大となります。放射点はりゅう座のイオタ星の近くにあります。 今年の極大は23時頃と予報されております。今年は月齢5の月がありますが、21時半には月没となりますので最高の観測条件観測ができます。頑張って観察して下さい。
 また、日没後の西の空では12日に宵の明星金星が東方最大離角となり素晴らしい輝きを披露しています。その後2月にかけて光度を増していきますので注目して観望して下さい。 猪名川町では1月9日の23時50分頃からおうし座の1等星アルデバランが月に隠される現象が見られます。双眼鏡または望遠鏡を活用して観測して下さい。
 観望されるときには「防寒対策は万全」に!
(みぞかみ よしひろ)


  【金星の輝き(2016.12.16 ISO1600 1秒)】





【ニックネーム・そっくり天体】

エスキモー星雲 NGC2392

【天体データ】
  星 座:ふたご座
  種 類:惑星状星雲
  距 離:2800光年光年
  視直径:47×43′
  位 置:赤経07h29.2m、赤緯+20°55′


     【エスキモー星雲 NGC2392】

 ふたご座とδ星の東南東にある惑星状星雲。 望遠鏡で高倍率にするとフードを被ったエスキモーの顔に見えることから「エスキモー星雲」のニックネームが付けられ親しまれている。 エスキモーの顔まで見ようとするならば、やはり大口径・高倍率そして好シーイングの条件が必要となる。
(みぞかみ よしひろ)




【星にまつわる英語】(第106号)

Kounotori6

   読み:コウノトリ シックス
   意味:こうのとり6号機(日本の宇宙ステーション補給機の6号機)

 2017年になりました。明けましておめでとうございます。 毎年恒例の書き出しですが、おかげさまで、2008年1月にスタートした本コーナーも節目の10年目に突入することができました。 今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。
 さて、新年一つ目の英語は、先日12月10日夜に種子島宇宙センターからH-IIBロケット6号機で打ち上げられ、 無事12月14日に国際宇宙ステーション”ISS”への結合に成功した、日本の宇宙ステーション補給機「Kounotori6(読み:コウノトリ シックス)=こうのとり6号機」です。 正式名称は「HTV6=H-II Transfer Vehicle(読み:エイチ ツー トランスファー ビーヒクル)」、ISSに補給物資を届けるだけでなく、 超小型衛星の放出や、「Space Debris(読み:スペイス デブリ)=スペース デブリ=宇宙ごみ」の除去を目指した実証実験など、一大ミッションとなっています。今後の成果が楽しみですね。
 新年の猪名川天文台は、1月5日(木)からオープンです。今年も、猪名川町屈指の眺望を誇る大野山山頂から宇宙に向けて、さまざまなイベントをご用意して、みなさまのお越しをお待ちしております。 ご期待ください!
(まるちゃん)


【SSRMSに把持された「こうのとり」6号機(出典:JAXA/NASA)】
http://issstream.tksc.jaxa.jp/iss2/photo/iss050e015689.jpg


【星空観測情報】


流星群観測情報

日食観測情報

天の川観測情報

彗星観測情報

月食観測情報

星食観測情報

水星観測情報

金星観測情報

火星観測情報  火星の観望のシーズンもそろそろ終わりを迎えます。

木星観測情報

土星観測情報




猪名川天文台
〒666-0292 兵庫県川辺郡猪名川町柏原字尾野ヶ嶽1−1
TEL/FAX:072-769-0770
Copyright (C) 2017 Inagawa Observatory All Rights Reserved.