UPDATE:2017.2.2
あなたは

番目のお客様です。
(since 2004.4.26)

小惑星「イナガワ」情報


イベント情報


星空とティーブレイク

ニックネーム・そっくり天体

星にまつわる英語


星空観測情報


天文情報

ギャラリー


みんなのページ


しつもん箱


望遠鏡の仕様

施設案内


【開館日】
毎週木・金・土・日曜日および祝日
【開館時間】
午後1時30分から9時30分
【使用料金】
高校生以上200円
中学生以下無料

問い合わせは、
産業観光課
(рO72−766−8709)
または、
猪名川天文台
(рO72−769−0770)

















【猪名川天文台からのお知らせ】







★猪名川天文台の最新のプラネタリウムについてはこちら(ページ1)(ページ2)をご覧ください。
 また、コニカミノルタのホームページでも猪名川天文台が紹介されています。

「今月の星空とティーブレイク」を更新しました。

★今月の「ニックネーム・そっくり天体」は、バラ星雲 NGC2237です。

★今月の「星にまつわる英語」は『Greatest Eastern Elongation』です。

★今月天文台で見ることのできる太陽系内の天体はこちらでご確認ください。




★今月の「星たちの動き」は、〜 カシオペア座と北斗七星 〜(クリックで再生)
  

 動画が表示されない場合はこちらをクリック。


★12月9日(金)・10日(土)に『あわてんぼうの★クリスマスナイト』を開催しました。

★11月3日(木)の『第49回 いながわまつり』に出展しました。
 当日上映した動画はこちらをクリックすると見ることができます。

★8月11日(木)に『第15回 いながわ星まつり』を実施しました。
 猪名川町の動画配信『きらっと☆いながわH28年8月制作』で第15回いながわ星まつりの様子が、
 紹介されています。


★ギャラリーにペルセウス座流星群の写真を追加しました。

★ギャラリーにカシオペア座付近に天の川いて座付近に天の川の写真を追加しました。

★火星観測情報に5月31日の最接近時の火星の写真を追加しました。

★土星観測情報に2016年の土星の環の傾きの写真を追加しました。


★猪名川天文台で隕石を常設展示しています。詳しくはこちらをご覧下さい。




  【イベント情報】

<これから実施するもの> 観望会の予定は変更する場合があります。
★2017年2月2日(木)・3日(金)・4日(土)・5日(日)『月のクレータと冬の1等星を観よう』
★2017年2月9日(木)・10日(金)・11日(土)・12日(日)『満月とシリウスを観よう』
★2017年2月16日(木)・17日(金)・18日(土)・19日(日)臨時休館
★2017年2月23日(木)・24日(金)・25日(土)・26日(日)臨時休館
★2017年3月2日(木)・3日(金)・4日(土)『カノープスを観よう』
★2017年3月5日(日)『月面エックスを観よう』
★2017年3月9日(木)・10日(金)・11日(土)・12日(日)『満月と冬のダイヤモンドを観よう』
★2017年3月16日(木)・17日(金)・18日(土)・19日(日)『おおくま座の銀河を観よう』
★2017年3月23日(木)・24日(金)・25日(土)・26日(日)『しし座の二重星を観よう』
★2017年3月30日(木)・31日(金)・4月1日(土)・2日(日)『昼間の水星を見よう』
★2017年4月6日(木)・7日(金)・8日(土)・9日(日)『春の一等星としし座の二重星を観よう』
★2017年4月13日(木)・14日(金)・15日(土)・16日(日)『プレセペと今シーズン最初の木星を観よう』
★2017年4月20日(木)・21日(金)・22日(土)・23日(日)『しし座の三つ子銀河を観よう』
★2017年4月27日(木)・28日(金)・30日(日)『子持ち銀河と回転花火銀河を観よう』
★2017年4月29日(土)『天体写真教室』
★2017年5月3日(水)『望遠鏡の使い方教室』、『月面Xを観よう』

<過去に実施したおもなイベント>
★2016年11月 3日(木)『第49回 いながわまつり』に出展
★2016年 8月11日(木)『第15回 いながわ星まつり』
★2015年12月19日(土)『国立天文台ハワイ観測所からの講演会』
★2015年11月 3日(火)『第48回 いながわまつり』に出展
★2015年 8月22日(土)『第14回 いながわ星まつり』
★2014年11月 3日(月)『第47回 いながわまつり』に出展
★2014年 9月27日(土)『星野写真教室』
★2014年 8月 2日(土)『第13回 いながわ星まつり』
★2013年11月30日(土)『メシエマラソン第12回』
★2013年11月 3日(日)『第46回 いながわまつり』に出展
★2013年 9月21日(土)『星景写真教室』
★2013年 8月10日(土)『第12回 いながわ星まつり』
★2013年 5月18日(土)『春の大曲線とプレセペを観よう』
★2013年 5月17日(金)『月面にX(エックス)を探せ』
★2013年 5月 4日(土)『星景の写真教室』
★2012年11月 3日(土)『第45回 いながわまつり』に出展
★2012年 9月22日(土)『望遠鏡使い方教室』
★2012年 7月21日(土)『第11回 いながわ星まつり』
★2012年 4月29日(日)『望遠鏡使い方教室』
★2011年12月10日(土)『皆既月食観望会』
★2011年11月 3日(木)『第44回 いながわまつり』に出展
★2011年 8月 6日(土)『第10回 いながわ星まつり』
★2010年11月 3日(土)『第43回 いながわまつり』に出展
★2010年 8月21日(土)『第9回 いながわ星まつり』
★2009年11月 3日(火)『第42回 いながわまつり』に出展
★2009年9月14日(月)〜19日(土)『猪名川天文台パネル展を実施』
★2009年8月22日(土)『第8回いながわ星まつり』
★2008年11月 3日(月) 『第41回 いながわまつり』に出展
★2008年8月9日(土) 『第7回 いながわ星まつり』&『全天撮影プロジェクト』
★2007年7月28日(土) 『第6回 猪名川星まつり』
★2006年8月5日(土) 『望遠鏡の使い方教室』
★2006年7月29日(土) 『第5回 猪名川星まつり』
★2005年8月13日(土) 『第4回 猪名川星まつり』
★2004年8月7日(土) 『第3回 猪名川星まつり』
★2004年7月24日(土) 『望遠鏡の使い方教室』
★2004年6月8日(火) 『金星の日面通過観測会(臨時開館)』
★2004年4月17日(土) 『メシエ天体観望会』
★2004年3月27日(土)・28日(日)『惑星観望会 日月火水木金土を観よう!!』
★2003年11月3日(月) 『猪名川まつり』で隕石を展示
★2003年8月3日(日) 『第2回 猪名川星まつり』



【今月の星空とティーブレイク】(第114号)

 2月4日は立春。日が暮れるのもだんだん長くなってきております。 暦のうえでは春となるのですが、2月は一番寒さが厳しくスターウォッチングにとってはとても辛い時期を迎えます。 望対策を万全に観望して下さい。夜空に目を向けますと、南の空にはオリオン座をはじめ美しい冬の星座たちが輝いております。 中でも、オリオン座のベテルギウス、おおいぬ座のシリウス、こいぬ座のプロキオンを結ぶ冬の大三角は寒空にひときわ目立った存在で輝いておりますのでたどってみてください。
 2月の星空ですが、1月に東方最大離角となった金星が、2月17日に夕方西の空で最大光度−4.6等になります。 望遠鏡を利用すると、三日月のように欠けた金星の姿を見ることができます。ぜひ猪名川天文台の大型望遠鏡で宵の明星「金星」をご覧になってください。
 また、増光が期待されている45P/本田・ムルコス・パイドゥシャーコヴァー彗星が近付いております。 2月5日にわし座、11日にヘルクレス座を通過しかんむり座へと進んでいきます。 ピーク時の光度は7等台と予測されておりますので、双眼鏡での観察や望遠レンズでの撮影を楽しんでみてはいかがでしょう。
 観望されるときには「防寒対策は万全」に!
(みぞかみ よしひろ)


【冬の大三角(ぎりぎり冬のダイヤモンドも入っています)】





【ニックネーム・そっくり天体】

バラ星雲 NGC2237

【天体データ】
  星 座:いっかくじゅう座
  種 類:散光星雲
  距 離:5000光年光年
  視直径:80×60′
  位 置:赤経06h32.3m、赤緯+05°03′


     【バラ星雲 NGC2237】

 いっかくじゅう座ε星の東側にある大型の散光星雲。 花びらの中心にはNGC2244の散開星団があり、写真に撮るとその散開星団を包み込むように花びらが開き、 その姿がバラの花にそっくりなことから「バラ星雲」として呼ばれている。花びらの間には入り組んだ暗黒星雲も見える。
(みぞかみ よしひろ)




【星にまつわる英語】(第107号)

Greatest Eastern Elongation

   読み:グレイテスト イースタン エロンゲイション
   意味:東方最大離角(地球から見て内惑星が太陽から最も東側に離れて見える位置)

 12月まで「そんなに寒くない?」かと思いきや、年が明けてからぐっと寒い日が続いています。 ここ猪名川でも久しぶりにどっさりと雪が積もりました。雪景色の上に見える星空も風情があってよいのですが、あんまり降り過ぎるのも困りものですね。
 さて、今回の英語は、ここのところ夕方の西空に明るく輝く一番星「Evening Star(読み:イヴニング スター)」こと「Venus(読み:ヴィーナス)=金星」に関係する用語です。 Venusや「Mercury(読み:マーキュリー)=水星」のような内惑星は、地球から見ると太陽に近づいたり離れたりを繰り返しているように見えます。 このうち、一番離れている時の惑星の位置が「Greatest Elongation(読み:グレイテスト エロンゲイション)=最大離角」で、 最近のVenusのように太陽の東側に一番離れた時はこれに「Eastern(読み:イースタン)=東の」を付けて「Greatest Eastern Elongation=東方最大離角」という訳です。 地球からよく見えるのは夕方の西空なのに、”東方”と付くところが少しややこしいですね。
 今回のVenusは、先月1月12日にGreatest Eastern Elongationを通過し、2月17日に最大光度となります。 これに合わせて猪名川天文台では、2月16日〜19日にかけて「金星とシリウスの観望会」を開催します。 寒〜い真冬の夜空にひときわ明るい光を燈すEvening Starを、ぜひ猪名川の空から堪能してください!
(まるちゃん)


   【夕暮れ西の空高くで輝く金星】


【星空観測情報】


流星群観測情報

日食観測情報

天の川観測情報

彗星観測情報

月食観測情報

星食観測情報

水星観測情報

金星観測情報

火星観測情報  火星の観望のシーズンもそろそろ終わりを迎えます。

木星観測情報

土星観測情報




猪名川天文台
〒666-0292 兵庫県川辺郡猪名川町柏原字尾野ヶ嶽1−1
TEL/FAX:072-769-0770
Copyright (C) 2017 Inagawa Observatory All Rights Reserved.